2016年10月9日日曜日

武蔵野音楽大学 福井直敬学長への公開質問状


私は昭和56年4月武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科に入学しました(トロンボーン専攻、学籍番号A11755)。

大学に入学した者であれば誰でも同じだと思いますが、私も充実した楽しいキャンパスライフを夢見て胸をふくらませておりました。

しかしながら私の夢は入学後まもなく無残に打ち砕かれることとなりまし た。入間校地体育館で行われた管楽器新入生歓迎コンパは「歓迎」とは名ばかりの残酷な新入生いびりの場であり新入生一人一人が舞台上に置かれた「お立ち台」と名付けられた指揮台に登って学籍番号を絶叫し、大きな丼に満たされたビール、ウイスキー、日本酒にわさびや辛子、残飯や吸い殻までを混ぜ合わせた物を飲 まなくてはならないという儀式でした。

さらに悪夢であったのは男子新入生は夏のトロンボーン会の合宿で陰茎に虫さされの薬「キンカン」を塗られるという話を聞いたときからです。私は「そのようなことが行われるのなら合宿には参加しない」と表明しまし たが、以来連日江古田練習室に呼び出され、「武蔵野音楽大学トロンボー ン会の伝統を破壊するのか」などと上級生に土下座を強要されるなどのいじめが続きました。担当教官であった木下利男教授からも「そのような理由で合宿に参加しないのはお前が初めてだ」と叱責されました。

翌年、2年生となった私は新入生歓迎コンパでの飲酒強要行為をやめさせ るよう学生部の古庄先生、仲地先生に個人的に文書で申し入れ、部分的にこれに成功しましたが、これに恨みを持った一部同級生らから夏のオーケストラ合宿時に私を押さえつけ無理矢理陰茎にキンカンを塗ったことから 酷い火傷となり、30年以上たった今でも消えることのない黒い傷となっています。

ご存じの通り「キンカン」はアンモニアを含む劇薬であり、粘膜に使用してはならないことは使用上の注意にも大きく書かれています。また、この様な薬品を集団で陰部に塗布するなどと言うことは教育の府でありうべか らざることであり、ましてや一部教員が学生にこうした行為をおもしろ半 分に焚きつけたことは、許されないことです。

その後私は大きな心の傷を負って数ヶ月後に武蔵野音楽大学を自主退学せざるを得なくなりました。私の受けた行為は共謀共同正犯による暴行障害 事件であり、民事のみならず刑事事件として当事者らの刑事処罰が行われて然るべき物です。

この件では実際は被害者である私が「武蔵野音楽大学トロンボーン会 の伝統を壊した」などとその後長きにわたって非難され、江古田校地の練習室では私の写真がダーツの的になっていたとまで聞いています。また、キンカンを拒否したことで先輩との関係が絶たれその後の人生においても 悪評を立てられるなど、様々な不利益を受けました。

ところが最近になって多くの武蔵野音楽大学卒業生らと交流するようになり、この様な犯罪行為が今でも行われていることがわかりました。これは許されざることであり、刑事事件として、また民事事件として訴追されるべきことです。


2012年以来、武蔵野音楽大学 福井直敬学長と理事、監事に対してこの件について説明し、当時納入した学費を返還することも要求しましたが、その後何の回答もなく、また学費の返還も行われていないことから、この度インターネット上に公開質問状を掲示して福井学長の回答を求めることとしました。

1.武蔵野音楽大学では、新入生の性器にキンカンを塗ったり悪戯をするという行為が、いつからどの学科で行われていたのでしょうか?。

2.もし、まだ行われているとしたら、暴行傷害事件が学内で継続的に行われていることを、学長及び理事会はどのように考えているのでしょう?

3.このような犯罪行為の被害者は合計で何人くらいになるのでしょうか?

4.武蔵野音楽大学での暴行傷害事件の被害者の中には肉体的、精神的に傷害を受けた人はどのくらいいるのでしょうか?

5.武蔵野音楽大学での暴行傷害事件によって退学を余儀なくされた方や、後遺症に悩まされている方はいないのでしょうか?

6.武蔵野音楽大学は学内で現役の教授が焚き付ける様な形で長年このような行為が行われていた ことに関して、どう考えるのでしょうか?

7.武蔵野音楽大学は、大学としてこの件を謝罪し、正確な被害者の数を調査し、被害者に賠償を行うつもりはないのでしょうか?

以上、このブログ上に福井学長自身が実名で回答することを求め、回答がない場合は定期的にその旨をツイッターなどで発信します。

また、武蔵野音楽大学、その他の音楽大学で同様な暴力行為、セクハラ、パワハラを受けた方からの情報を受け付けます。

0 件のコメント:

コメントを投稿